みかんさんの生活

フトアゴヒゲトカゲのみかんさんがうちに来てからの記録です。

9/16現在
体重:517.5g
全長:約52.0cm
頭排泄口長:約22.0cm

快腸の兆し ~12/14 96日目~

おはようございます。

 

今週はホントに寒い。

 

みかんさんが来たから暖房を入れっぱなしに
しているので、寝る部屋はそこそこ暖かいのだが
リビングに行くと極寒だ。

 

この気温差で倒れないように気を付けよう。

 

本日のメニュー。
小松菜、いんげん、かぼちゃ。
f:id:futoago-mikan:20171214215740j:image

 

今日も屋根の上で寝ているみかんさん。
f:id:futoago-mikan:20171214215825j:image

無事に起こすことなく飼い主は家を出る。

 

いってきます。

 

--------------------

昼頃。


f:id:futoago-mikan:20171214215902j:image

ガラス戸をカリカリしたり


f:id:futoago-mikan:20171214215912j:image

こちらに視線を送ってきたりしている。

 

やはり飼い主に見られているのを感じている

のだろうか。

 

そしてこの画像では分からないが、置き餌が

無くなっているように見える。

 

まだ起きて二時間も経っていないのにもう完食

とはなかなかの食欲だ。素晴らしい。

 

--------------------

19時頃。


f:id:futoago-mikan:20171214215932j:image

バスキングをしているのだろうか。

 

飼い主はあと少しで帰れるはず。

 

--------------------

飼い主は20時頃に帰宅。


f:id:futoago-mikan:20171214220115j:image

大統領の演説風なお出迎え。

 

お?

 

手足の脱皮が始まっているじゃないか。

 

順調に育っている証拠だろう。

 

そして、やはり置き餌は無くなっていた。
f:id:futoago-mikan:20171214220130j:image

 

急に沢山食べるようになったのはなぜだろう。

 

そして昨日今日と、便様が大量に出ている。

しかも、わりとしっかりめ。

 

お腹からぎょう虫がいなくなったからだろうか?

 

何にせよ喜ばしいことだからいいんだけど!

 

さて、晩ご飯にしましょう。

 

コオロギが解凍出来るまでのつなぎとして

おくらを出してみる。


f:id:futoago-mikan:20171214220154j:image

やっぱりおくらも好きなみかんさん。

 

7割程食べたところでそっぽを向く。


f:id:futoago-mikan:20171214220214j:image

そしてコオロギをよこせの舞。

 

今日も80匹ほどを完食。


f:id:futoago-mikan:20171214220229j:image

また喉袋に溜め込んでいるようだ。

 

みかんさんのお腹を満たしたところで便様の

処理を始める。

 

便様の処理と同時に、脱け殻の掃除をする。

 

掃除機で吸っていると、やたらと外に出たがる。

 

そして押さえきれずに飼い主の腕に乗ると、

そのまま肩まで登ってきた。

 

ここぞとばかりに掃除を終わらせる。

 

掃除が終わったので戻そうとするも、飼い主の

背中に回り込まれる。


f:id:futoago-mikan:20171214220248j:image

手足の皮が落ちるから、あまり外を出歩かないで

欲しいんですけど・・・

 

というか、飼い主の体に乗せて気づいたが、今週から急に大きくなった印象。

 

尻尾の付け根や、太ももあたりが太くなった

気がする。

 

ようやく飼い主の前に出てきたのでケージに戻す。


f:id:futoago-mikan:20171214220300j:image

戻った後はバスキングストーンで温まる。

 

--------------------

21:30頃。


f:id:futoago-mikan:20171214220310j:image

お気に入りスポットでまったりモード。

 

手の剥け方が個性的。

 

--------------------

消灯直前。


f:id:futoago-mikan:20171214225822j:image

変わらずお気に入りスポットでぺたーっと

まったりしている。

 

昨日と今日でよく食べてよく排泄している。

 

このままこの調子で過ごしてくれるといいのだが。

 

おやすみなさい。